沿革

沿革
昭和9年
前代表石橋音次郎 大阪市天王寺区黒門町において、肥料、飼料商として個人開業。
昭和16年
統制経済制度のため営業中止。
昭和20年
石橋音次郎 飼料公団に勤務。
昭和28年
有限会社石橋商店設立。 資本金80万円。
昭和38年
レース鳩・小鳥・小動物などのフードをパッケージ包装して製造販売。
昭和43年
資本金800万円に増資。
ペット飼料、及び用品の製造販売に重点をおく。
昭和53年
現営業地(柏原市円明町)の土地を取得。
昭和55年
新工場、現営業地に移転。
昭和56年
全社、現営業地に移転。
昭和59年
流通部門の分離に先立ち、株式会社ペッズイシバシ設立。
平成9年
流通部門を分離させ「物産ぺネット株式会社」とし、メーカー部門は、「株式会社ペッズイシバシ」を新設。
平成10年
埼玉県春日部市豊野町工業団地に工場用地を取得し、関東営業所として業務開始。
平成11年
埼玉県春日部市豊野町に関東工場稼動。
平成15年
埼玉県春日部市豊野町に関東工場、営業所を休止。
ページトップへ